人体・動物・植物


人類の男女別進化論


人類は男性と女性で共に社会で共存し合っていますが、今は科学が進化してるので事情が少しばかり変わって来ています。
まず最初に性染色体のお話からしましょう。

XXと言う物が女性です。
XYが男性です。
子供が生まれる時には、これらの遺伝子が受け継がれる訳です。

XX=お母さん
XY=お父さん
と考えて頂くとわかりやすいです。

女の子が生まれる時の場合は
XX
XX
の組み合わせです。

男の子が生まれる時の場合は
XY
XY
の組み合わせです。

人が生まれるのはこの4パターンになります。
しかし受け継がれる際に、この性染色体は欠損した状態で受け継がれる訳です。

ところがXXXX、つまり女性は同じ性染色体なので欠損を補い合えるんです。
一方XYXY、男性は違う性染色体なので欠損を補い合うことが出来ないんです。

なのでXYの組み合わせの場合はどんどん欠損されて、今現在の大きさで言うと極端にYの性染色体が小さくなって来ている訳です。
このことから、いずれ男性はこの世界から滅亡するのではないかと言われています。
今の段階ではYの性染色体が無いに等しいくらいの小ささになっています。

そしてこの数十年間で世間で問題になっていることがまだあって、それは男性の精子の劣化です。
男性がいないとお互い子孫が残せないので、このままだと人類は絶滅してしまいます。
じゃあこの問題をどうすれば良いかと近年研究がずっと行われて来たのが、女性の遺伝子から人口精子を作って卵子と結合させるということなんです。
今の段階で女性の遺伝子から人口精子はもう作られてる状態なんです。
Y染色体(男性)は精子がありますが、卵子を人工的に作るのは不可能と言われています。
これでは進化する過程で女性は男性を必要としなくなるんです。

では男性は子孫を残すにはどうすれば良いのでしょうか?
問題はここからです。
この場合は、なんと男性は人間と最も近い生物とされるチンパンジーと結合しないといけなくなります。
チンパンジーのメスの遺伝子と交配させないと子孫を残すことは出来ません。

実際に同じ種の動物の結合は昔からあって、1960年代に同じネコ科の動物であるライオンとヒョウを掛け合わせたレオポンも存在しています。

ではもし人間とチンパンジーが結合するとどうなるか。
まず99%の確率で赤ちゃんの容姿はチンパンジーです。
しかし頭脳や思想本能は人間が辛うじて残っています。

このことから男性はチンパンジーと結合するしかなくなります。



これは何年か前にテレビでも紹介されていた都市伝説です。
かなりリアリティがありますが、やっぱりチンパンジーとはちょっと子孫を残したくはないですね(笑)。
男性の存在意義を問われる都市伝説で少し複雑ですね。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -