ア二メ・漫画・ゲーム


魔女とクロネコ
(魔女の宅急便)


ホチキスはホチキス社の商標であり、私達が「ホチキス」と呼んでいる文具は正式には「ステープラー」と言います。
こういった話と同様に「宅急便」という言葉はクロネコヤマトで有名なヤマト運輸の登録商標であり、「宅配サービス」の一種です。

さて、本題ですがジブリの人気アニメ「魔女の宅急便」にはクロネコ繋がりのエピソードがあります。
それはスタジオジブリが「魔女の宅急便」を制作していた時のことです。
本来「宅急便」という言葉はヤマト運輸の登録商標ですが、制作スタッフがこれを知らずにタイトルに取り入れてしまいました。
あまりにも「宅急便」という言葉が一般化してしまった為、そんな肝心なことに誰も気付いていなかったのです。
公開間近になってヤマト運輸から警告を受けましたが、その時にはパンフレットやら広告ポスターやらを大量に作り終わった後だった為、ジブリは使用料をヤマト運輸に支払うことで解決を図ろうとしました。
しかし自社のイメージダウンを恐れたヤマト運輸はその件を断り、別の提案を持ち掛けました。
それはヤマト運輸が「魔女の宅急便」の筆頭スポンサーになること、そして「魔女の宅急便」をヤマト運輸の広報活動に自由に使用出来るようにするということだった。
こうして人気・知名度が絶大な宮崎アニメに便乗する形で、ヤマト運輸は国内の宅配便業界の最大手として君臨することになったのです。



数多く存在するジブリの都市伝説の中でもこの話は事実に近い話となっています。
よく語られる内容では、ヤマト運輸が「魔女の宅急便」を裏で利用して成長を遂げたとされています。
しかし実際にはジブリ側が登録商標の無断使用に気が付いた時点でマズいと思い、ヤマト運輸に提供を持ち掛ける形で難を逃れようとしたようです。
当初は困惑の色を示していたヤマト運輸も自社のトレードマークがクロネコであり、また作品中に偶然にもクロネコが登場するという点からスポンサーとして名乗り上げることとなりました。
昔のヤマト運輸のテレビCMにも「魔女の宅急便」が登場するのがありましたね。
実際「魔女の宅急便」のCMやメディア露出する度に、自然にヤマト運輸を連想された方は多いはずです。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -