ジョーク


カレーライス


某大学の教授は無類のカレー好きで有名でした。
その教授のテストの時間、試験の問題が全くわからない学生がいました。
「このままでは単位を落としてしまう…」
学生は一か八か答案用紙に教授の好きなカレーの作り方を詳細に書いたそうです。
彼は無事に単位を修得出来たそうです。

そして彼の後輩がこの話を聞きました。
「これで勉強しなくて良いぞ!」
後輩はカレー好きな教授の授業には全く出ず、テスト前日にカレーのレシピを一通り暗記して試験に臨みました。
答案用紙を見ても全く問題がわかりません。
彼は暗記したカレーの作り方を答案用紙に書いて提出しました。
「これで単位は頂きだ。楽だよな」
と彼は思いました。
しかし彼はその試験を落としてしまうんです。

彼は急いで教授に
「どうしてダメだったんですか?カレーの作り方を書いて単位を貰った人がいると聞いたんですよ!」
と詰め寄りました。
しかし教授は言いました。
「君のカレーにはニンジンが入っていなかったよ。それでは単位を与えられないね」



この様に足りない物についてダメ出しをされたり、
「他の人の手段を真似るとはオリジナリティーがない!」
と言われて単位を貰えなかったりします。
もっと言うと、予め問題用紙の注意書きに“カレーの作り方を書くのはNG”と記されているという話もあります。

柳の下には何匹もドジョウはいないということですね。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -