ジョーク


美容室の客


ある駅前の閉店準備をしている美容室。
閉店時間より少し早いですが、今いる店員は女の子一人だけなので早めの閉店作業でした。

その時、一人のサラリーマンが店に入って来ました。
店員は閉店間際の客を訝しく思いましたが、彼の話だと明日重要な会議がある為にどうしても今日中に髪を切りたいのだと言います。
その話を聞いて店員も納得し、彼にビニールのシートを掛けて散髪用具を取りに行きました。
しかし用具の入った箱を持って戻ってきた彼女はとんでもない光景を見てしまいます。

彼はシートの下で何やら手を動かしていました。
股の付近から15センチくらいに突き出している物をシュッシュと触っています。

店員は彼女一人だけです。
急に恐ろしくなった彼女はとっさに手に持っていた用具箱を彼の後頭部へ投げつけて気絶させ、近所の交番へ走って行きました。
そして彼女が連れて来た警官が彼のシートを剥ぐと、同時に彼の手からメガネとハンカチが床に落ちました。
彼はシートの下でメガネを拭いているだけだったのです。



これは1980年代に外国で成立した話が、ほぼ原型を保った状態で日本へ輸入されて語られるようになった話でしょうね。

他にも“店の中には男性従業員もいて二人で取り囲みシーツを剥ぐ”というバージョンもあります。
この場合も閉店間際という設定であることが多いのですが、男性従業員もいるとなるとあまりその設定の意味はなくなりそうです。

この噂は美容師の専門学校や業界内の人の中ではそこそこの知名度を持っているそうです。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -