ジョーク


「おとうさん」


ある家庭に赤ちゃんが生まれました。
そしてそろそろ言葉を話せる時期になり「おじいちゃん」と喋りました。
家族は赤ちゃんが言葉を話したと喜んだのですが、お爺ちゃんは次の日に亡くなってしまいました。
今度は「おばあちゃん」と屈託のない笑顔で喋りました。
お婆ちゃんもその次の日に亡くなりました。
両親は怖くなりましたが、そんなことを知ってか知らずか「おかあさん」と母親のことを呼んだのです。
もちろんお母さんも次の日に亡くなりました。

父親は恐怖に震えていました。
「もう家族で残っているのは俺しかいない。きっといつか『おとうさん』と呼ぶだろう。俺も死んでしまうんじゃないか…」
そして遂に「おとうさん」と赤ちゃんは喋ってしまいました。
父親は絶望しました。
「もう打めだ…」

次の日…
“隣の家の主人”が亡くなったのです。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -