ジョーク


外国人と寿司屋


ある外国人の男性が寿司屋のカウンター席で食事をしていました。
その店の寿司はどれも新鮮で男性は次々に寿司を頬張りました。
そろそろお腹も一杯になり、覚えたばかりの日本語でお勘定をお願いすることにした時のことです。

「マスターいくら?」

すると男性の前には寿司の「イクラ」が置かれました。
男性は仕方なく黙ってイクラを食べ、今度は日本人でも知っている英語でこう言った。

「How much?」

今度は男性の前に新鮮な「ハマチ」が置かれました。



この話はよく英語の授業で先生が冗談で言う定番となっていますね。
この話は本当に有名なんですね。
でも外国人の英語の先生の口から耳にすることはないそうです。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -