ア二メ・漫画・ゲーム


トトロと狭山事件
(となりのトトロ)


となりのトトロについての都市伝説では「サツキやメイに影がない」とか「もうサツキとメイは死んでいる」などが有名ですが、実はこれだけではありません。

この作品にはモチーフとされてる事件があります。
それは「狭山事件」です。
1963年5月1日に埼玉県狭山市で発生した事件で、高校1年生の少女が被害者となっている強盗強姦殺人事件なのです。
部落差別問題や警察の初動捜査のミス、被害者を取り巻く人達の謎の自殺など、様々な問題点を含んでます。
現在にも続く冤罪事件の一つとなってますね。

実はこの「狭山事件」と「となりのトトロ」にはいくつかの共通点があります。

まず、となりのトトロに登場する「サツキ」と「メイ」の名前はどちらも5月を表します。

サツキ=皐月(陰暦)
メイ=May(英語)

狭山事件が起こったのは5月です。

また、トトロの舞台となった埼玉県所沢市は狭山事件の起こった狭山市のすぐ隣にあります。
サツキとメイの母親が入院していた「七国山病院」も、狭山丘陵に「八国山病院」という名で存在していたらしいんです。
この八国山病院は、末期患者や精神疾患患者を収容する生存率が低い病院であったという話です。

次に狭山事件の被害者の女子高生には姉がいます。
この姉が事件後に、行方不明になった妹を必死に探している姿が目撃されています。
これは作品中でサツキがメイを探している様子を連想させてます。
そして女子高生の遺体が見つかった時、姉はショックから錯乱状態に陥り謎の発言をしています。

その発言とは…
「猫のお化けを見た」
「大きな狸に会った」
と言っています。

猫のお化け=猫バス
大きな狸=トトロ

…という解釈は出来ないでしょうか?


ちなみに作中で「狭山茶」と書かれた物が置かれていることからもわかるように、狭山事件を意識して制作した可能性はぐんと高くなってます。

左翼運動を学生の頃から行なっていた宮崎駿監督が狭山事件に思い入れがあってもおかしくはありません。
当時の日本を象徴する出来事として「狭山事件」を「となりのトトロ」に盛り込んだのではないかと言われてます。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -