芸能・TV


ペコちゃん


お菓子メーカー「不二家」のマスコットキャラクターとして有名な「ペコちゃん」が出来たきっかけはご存知でしょうか?

それは日本が戦争をしていた時のことです。
小さい女の子がお母さんと二人だけで生活をしていました。
戦争中ということもあり、親子は食糧難にとても苦しんでいたのです。
女の子は毎日のように「お腹が空いた」とお母さんに言っていました。
ある日、お母さんはそんな娘に栄養を補給させようと自分の指を刃物で切り裂いて血を与えました。
女の子は最初は躊躇しましたが、あまりにお腹が空いていたので指を舌で一舐めしました。
そしてその日の夜、お母さんの血の美味しさが忘れられなかった女の子は、お母さんの寝ている所を殺して食べてしまいました。
しかし結局、女の子は死んでしまうのです。

この話を聞いた当時の「不二家」の社長が不憫に思い、美味しいケーキを好きなだけ食べられるようにとの想いで店頭に女の子をモデルにした人形を設置しました。
この人形こそがお馴染の「ペコちゃん」です。
あの象徴とも言える舌を出している顔はお母さんの血を舐め回している時の様子なのです。

「ミルキーはママの味」というキャッチフレーズがありますよね?
これは本当にお母さんの味を知っているペコちゃんだからこそ言える台詞なのです。



そもそも「ペコちゃん」の名前の由来は東北弁で「仔牛」を表す「ベコ」から来てます。
なので決して「腹ペコ」の「ペコ」からではありませんよ。
舌舐めずりをしているその表情から、多くの人が「腹ペコ」に由来した名前であると信じていますが全く違います。
このことからもわかるように今回の都市伝説も明らかに事実ではありません。
この都市伝説が語られるようになった要因は2つあると考えられます。

◆ペコちゃんは腹ペコであるという誤った考え
◆「ミルキーはママの味」というキャッチフレーズ

上記の2つの事柄が大きく関係しており、“腹ペコの「ペコちゃん」がお母さんを食べてしまったのでママの味を知っている”という勝手なストーリーを作られてしまったのが原因であると考えられます。

他にも、お母さんの方から
「私を殺して食べなさい」
と女の子に言ったという話もあります。
「ミルキー」を逆さに読むと「キルミー(Kill me)」になるので話の作りがかなり上手いですね。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -