芸能・TV


生首生放送


昔、大阪である深夜番組が放送されていました。
笑福亭一門の鶴瓶師匠の番組だったらしいです。
その番組で怪奇現象の特集のような回がありました。
そこに一枚の心霊写真が送られて来ました。
それは女の子が三人写っている写真です。

一人は腕が写っていない女の子。
一人は脚が写っていない女の子。
一人は首が写っていない女の子。

その内の二人は事故で亡くなり、それぞれ写真に写っていなかった脚と腕を無くして死んだと説明されました。
写真を送ったのは最後の生き残りで、写真の中で首が無かった女の子でした。
彼女は写真の呪いをとても恐れていたそうです。

そこで番組側が呪いなど存在しないことを番組中で証明しようとしました。
住所も近かったので彼女に番組に出演して貰おうと考えたのです。
番組の冒頭の電話で鶴瓶師匠は彼女を説得しました。

「今時、呪いなんて流行りまへんで。友達は不幸やったけど偶然が重なっただけでんがな。そうや!住所も近いし今から番組に来られへんかな?タクシー使えば番組には間に合いまっせ!ほな決まりや!」

深夜の生放送番組のことだったので、彼女の母親も同伴でテレビ局にやって来ました。

ところが…
目的地に到着して車から出た瞬間、彼女は突っ込んで来た車に轢かれ、写真の通り首を切断されて死んでしまいました。
同行していた母親は錯乱して、娘の首を持ったまま収録スタジオに飛び込んでしまいました。
その為、数秒間だけですがテレビ電波に乗って生首の映像が大阪府域に放送されてしまったのだそうです。
業界関係者の間では今でもこの話がタブーになっているのだとか。



これはテレビではなくラジオだとする噂もあります。
母親が娘の生首を持ってスタジオに運ばれる過程についても様々な疑問があります。
鶴瓶師匠ご本人もこの噂が巷で広まっていることはご存知のようです。
「俺、こんな噂立つようなキャラちゃうで!」
と冗談を交えながら怒りながら笑ってたそうです。
まぁ鶴瓶師匠はその後とある生放送番組で、自らのイチモツを全国に開帳して大問題を引き起こすんですがね(笑)。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -