人体・動物・植物


I am AIDS.


日本の商社に勤めるある男性社員が出張でニューヨークへ行くことになりました。
彼は外国に行くのは初めてなので、海外経験の豊富な友人に注意事項などを教えて貰っていました。
友人の話だと向こうは同性愛者が多く、中には襲われるケースもあると言います。
不安になった男性は対処方法を聞きました。
「方法は簡単だよ。面と向かって『I am AIDS(僕はエイズです)』と言えば一発で逃げるさ」
友人は自信満々にそう言いました。

そして男性がニューヨークに来て何日か経過し、地下鉄の駅のトイレで用を足そうとしました。
すると後ろから屈強そうな黒人の男にいきなり抱かれ、「君は魅力的だ」と求愛するような言葉を言われた。
「ゲイだ!」
そう思った男性は友人から教えられたことを思い出します。

そして
「I am AIDS!」
と叫びました。

男性が「これで助かった」と思ったその時、黒人の男は耳元でこう囁きました。

「Me too…」

“僕もだよ…”



この都市伝説には差別や偏見などのタブーな要素が含まれています。

◆黒人への差別
◆エイズ感染者への差別
◆同性愛者への差別
◆黒人にはエイズ感染者が多いという偏見
◆同性愛者にはエイズ感染者が多いという偏見

これらの噂は80年代からあったそうです。
この頃は“エイズはゲイの病気である”という偏見もあった為に広まったと考えられています。
当時の日本人の間では“黒人は力強そうだけど、よくわからなくて恐い人種”という偏見を持っていた為、この都市伝説の登場人物になってしまいました。

現在は黒人や同性愛者への差別や偏見はなくなったと思われます。
しかし日本ではエイズ患者が1万人を突破し、今でもまだ増加傾向にあって社会問題となっています。

この都市伝説に限らず、根拠のない噂やデマによって他人を差別したり偏見したりすることには気を付けないといけないですね。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -