人体・動物・植物


耳から白い糸


ある少女が高校の入学記念の意味も込めてピアスの穴を開けることにしました。
お金が勿体ないとのことで病院ではなく自宅で開けました。
ちゃんと穴が開いて早速ピアスをします。

それから数日後、彼女は耳に違和感を感じました。
耳がムズかゆい気がたのです。
鏡を見るとピアスの穴から白い糸のような物がニョロリと出ています。
この白い糸がかゆみの原因だと思った彼女は力を込めて糸を引き千切りました。

「あれ…停電かな…?」

いきなり彼女の目の前が真っ暗になってしまいました。
実はこの白い糸は視神経で、それを切ってしまった彼女は失明してしまいました。



この都市伝説、日本では主に1980年頃から90年頃に広まった比較的新しい話ですね。
この時期は新しいファッションとして、若者達がピアスを開けはじめた頃です。
日本よりもピアスが受け入れられる時期が早かったアメリカでは、もっと早くからこの噂が広まっていたと言われています。

でもまだこの頃には
「せっかくお父さんお母さんが生んでくれた大切な体に穴を開けて傷つけるなんて…」
と否定的な意見も結構ありました。
世の中に新しい物やちょっと危険そうな商品が流行ると、それに反対の声や疑問の声をあげる人は必ずいます。
こういう所から生まれる都市伝説はたくさんあります。
ピアスはまさに代表的なんじゃないでしょうか?

耳に穴を開けないといけないピアスは、
「何だか良くないことが起こるかもしれない…」
「体の具合が悪くなるかも…」
という考えが元になってこの都市伝説が出来て広まったんでしょう。
この話を信じている人は今でもまだ多いんです。
中学生や高校生が集まるインターネットの掲示板などでは、
「ピアスを開けると失明するって本当ですか?」
と質問をする女の子もいるみたいです。

この白い糸の噂はもちろん嘘です。
耳は顔にくっついてるし大事な脳みそにも近いから、重要な物が通ってそうな感じはするんですがね。

事実、耳たぶを失った画家のフィンセント・ファン・ゴッホさんは失明なんてしておりません。
耳も大切な部分ですが目玉の神経は通ってません。
そもそも視神経は脳神経の一つの為、脳と直接繋がってるので耳たぶには通っていません。

まれに白い糸が出ることがありますが、それは耳の垢がピアスと一緒に出て来るだけです。

ピアスの危険性を誇張する目的でこの噂が用いられる例があります。
これは「ピアス=不良」という偏見が根底にある一部の親や教師が、子供達に対して方便として用いた物が広まった為ですね。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -