社会・政治


歩行者専用道路



我々がよく見かける「歩行者専用道路」の標識にはある噂があります。
今から数十年前、カメラマンの男性が写真を撮っていると仲の良さそうな微笑ましい親子が歩いてました。
男性はその姿に思わずシャッターを押します。
丁度その時、政府が新しく「歩行者専用道路」の標識を制定しようとデザインを募集していたそうです。
その男性は、その仲の良さそうな親子の写真を応募して見事採用。
現在の歩行者専用道路の標識になったのですが…
ある朝、男性は新聞を読んでゾクッとします。
その内容は少女誘拐殺人事件の犯人が逮捕されたという記事でした。
その犯人とは、男性が親子だと思って撮影した写真に写っていた男でした。
標識に描かれている「手をつないでいる親子」は、実は親子と間違われて撮影された誘拐犯と女の子だったんです。



当然ですがこんな事実はありません。
この標識は1968年にウィーンで開催された「国連道路交通会議」において採択された物です。
日本固有の物ではなくヨーロッパ各国で使用されてます。
更に道路標識のデザインを募集することはしていません。
1970年頃に西ドイツのグスタフ・ハイネマン大統領が
「この標識は誘拐犯を連想させる」
と発言したことにより、西ドイツでは女性と男の子のシルエットのデザインに変更されています。

このハイネマンさんの発言で、標識の男が本当に誘拐犯であるかのように広まってしまったと考えられます。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -