恐怖・怪奇・心霊


鏡と通り魔


ある姉妹が山のペンションに泊まることになりました。
ペンションに行く途中に警察の人に呼び止められました。
「この辺りは通り魔や変質者が出没するから注意して下さい」
との注意を受けました。

姉妹がペンションに着くと、二人共ベッドに腰を下ろして一休みをしました。
道中のことや今日の夕食について話していると鏡を見ていた姉が急に、
「そういえば部屋の外の窓って閉まってたっけ?」
と妹に話しました。
「多分閉まっていると思うよ」
と妹は答えました。
「じゃあ閉めて来てよ。それからペンションの中を見物しに行こうよ」
「面倒だな。来たばっかりじゃんよ」
妹は文句を言います。
姉は
「良いじゃん良いじゃん。早く行こうよ!」
と姉は妹の袖を掴んで強引に部屋の外に出ました。
「やっぱり窓は閉まってるじゃん…」
窓を指して文句を言う妹を強引に掴んで、姉はペンションを出ようとします。

遂に妹が姉に向かって声を荒げました。
「一体何なのよ?お姉ちゃんさっきからおかしいよ!」
それを制するように姉はこう言いました。
「私がさっき見ていた鏡にね、あなたのベットの下でニヤニヤ笑っている変な奴が写ってたのよ。あれが警察の言っていた通り魔よ」




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -