恐怖・怪奇・心霊


カオリさん


ある女子高生が一人で街へ遊びに来ていました。
そして人気のない角を曲がると、いきなり後ろから声を掛けられたのです。
「ねえ、あなたピアスしてるの?」
振り向くと、そこには自分と同じくらいの女の子が立っていました。
「ねえねえ、ピアスしてるの?」
下を向いていたので顔はよくわかりませんが、そんなことを繰り返し聞いて来るんです。
何だか陰気な感じもするし質問の口調も重苦しい感じを受けました。
自分がピアスをしているかなど見ればわかることです。

関わり合いになりたくないので、さっさと答えて立ち去ろうとしました。
「はい、ピアスしていますよ」
そう答えた瞬間、女の子が女子高生に襲い掛かり、ピアスをしている耳に噛み付くと、耳たぶをピアスと一緒に噛み千切ってしまいました。
悲鳴を上げる女子高生を尻目に、その女の子はダッシュで逃げてしまいました。

実はこの女の子は昔、ピアスを開けた時に出て来た“白い糸”を引っ張って失明してしまった子なのです。
それ以来、こうしてピアスを開けて幸せそうにしている同年代の女の子の耳たぶを千切るという奇行をするようになってしまったのです。



この噛み千切った女の子の名前は、「カオリさん」と呼ばれることが多いようですね。
都市伝説の被害者が新しい都市伝説の加害者になるという珍しいパターンです。
耳から白い糸」は語り尽くされた感がありますが、今度はカオリさんというキャラクターを生み出してしまったのかもしれません。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -