恐怖・怪奇・心霊


電気を点けなくて…


ある女子大生が先輩の部屋でサークルの皆とお酒を飲んでいました。
お酒を飲んだりお菓子を食べたりと、自然と会話が弾み非常に盛り上がっています。
そしてしばらく経つと先輩が
「今日はそろそろお開きにしましょうか。私眠くなっちゃった…」
と言いました。
先輩はかなり酔っているようで、フラフラして今にもダウンしてしまいそうでした。
飲み会に参加したメンバーは先輩をベッドに寝かせ、電気を消して先輩の部屋を出ました。

部屋を出てしばらく歩くと、その女子大生は先輩の部屋に自分の携帯電話を忘れたことに気が付きました。
他の皆に先に帰るように言うと、携帯電話を取りに先輩の部屋に戻りました。
部屋の電気は消えたままです。
先輩が起きて鍵を掛けた様子もなく、ドアはあっさりと開きました。

「すみません、携帯電話を忘れたので取りに来ました」

入る時に挨拶はしたのですが返事がありません。
真っ暗な部屋で先輩はぐっすり寝ているようです。
電気を点けるのは悪い気がしたので、手探りで携帯電話を探し出すと
「携帯が見つかりましたのでこれで失礼します」
とだけ言って自宅へと帰りました。

翌日、学校に行く途中に先輩のアパートの前を通ると、そこにはパトカーが何台も止まっていました。
進入禁止のロープが張られて警察官だらけでした。
何事かと思い、警察官に事情を話すと先輩の部屋の中へと通されました。

そこは血が飛び散り部屋は荒らされてました。
先輩が寝ていたベッドは凄まじく血の水溜りが出来てたのです。
「被害者は寝ている所を変質者に襲われて殺されたのでしょう」
警察官はそう説明しました。

「あの時に電気を点けて先輩を起こして、きちんと戸締まりをするよう注意していたらこんな事態にならなかったのに…」
と彼女は自責の念で一杯になりました。

そしてもし携帯電話を取りに来た時間がずれていたら、間違いなく自分も被害に遭っていたかもしれないと凍りつきます。

警官は
「ちょっとわからない物があるのですが、これに何か心当たりはありませんか?」
と言って、部屋に置いてあったとされるメモ用紙を差し出しました。

そのメモ用紙には先輩の血で書いたと思われる赤い字で、

でんきをつけなくてよかったな

と書かれていました。

携帯電話を取りに来た時、先輩は既に変質者に殺されていたのです。
しかも変質者はまだ部屋の中に潜んでいたのでした。

携帯電話を探す為に電気を点けていたら自分もきっと…



この話は元々はアメリカが発祥だと言われています。
犯罪大国と言われてるアメリカの場合、犯罪者が近くに潜んでいるという話が真実味を持つ為に、知名度も高くなった結果として日本へ形を変えて入って来ることがあります。

アメリカの方の話は、ルームメイトが隣で殺されていて電気を点けずに隣のベッドに潜り込み、朝起きると
It was good not to turn on electricity
のメモと共に隣のベッドでルームメイトが殺されているという日本よりも残酷な話になっています。

アメリカは犯罪が身近にあるイメージがある国なんでしょうか。




[恐怖・怪奇・心霊社会・政治人体・動物・植物芸能・TVア二メ・漫画・ゲーム童話・童謡ジョーク]

[HOME]












- mono space -